VOICE

先輩社員の声

新たなムーブメントを
創出して、
新潟に貢献する。

2004年入社
東京営業所 リーダー

西田 将臣

東京と新潟をつなぐ役割

現在は東京営業所に所属し、NSGグループの案件を担当しながら、クライアント開拓や新規コンテンツ創出にも力を入れています。
心がけているのは、東京と新潟の橋渡しをすることです。例えば、全国展開するeスポーツの大会を誘致し、新潟と長野の地方大会を当社で運営しました。また新潟のクライアントの首都圏プロモーションをお手伝いして販売ルート拡大に貢献するなど、いかに東京と新潟をつないで利益を生み出すかということを常に考えています。新規案件は実現までの道のりが険しく、10回提案をして1回実るかどうかという確率なので、採用された時の喜びは大きいですね。地道にコミュニケーションを重ねて信頼関係を築くことを大切にしています。

地域の利益になる仕事を

決まった作業を繰り返すのではなく、自分のやりたいことや一生懸命になれるものから仕事を生み出すことができるのがこの仕事の魅力ですね。形になるまで時間がかかることも多いですが、新たなムーブメントを創出できた時は非常にやりがいを感じます。現在進めているのが、台湾で新潟をプロモーションする企画で、首都圏を飛び出し、海外と新潟の橋渡しをする仕事です。台湾は親日家の方が多く、日本の食や酒も大人気。海外へのパイプを作るために必ず成功させたい仕事のひとつです。このようなアイ・シー・オーの利益になるだけでなく、地域全体の利益になるような案件を増やしていくことが今後の目標です。新潟の魅力を国内外に伝えていきたいと思います。

アリーナの一体感を
全県に広げ、
新潟を盛り上げたい!

2020年入社
新潟営業部

東 卓郎

プロスポーツをサポート

新潟アルビレックスBB(以降BB)の担当営業として、新規スポンサーの獲得をはじめ、既存のスポンサーに対するコラボ商品の打ち合わせなど、様々な代理店業務を行っています。さらにBBのガイドブックやテレビCMなどの制作管理も手がけています。自分が携わった本が多くの人のもとに届くことを考えるとわくわくします。それから、自宅でCMを目にすると、やっぱり、うれしいですね。また、BBとスポンサーとのコラボ商品開発をサポートし、開幕戦で販売したのですが、お客様が手に取っているのを見て、やりがいを感じました。喜びを感じる瞬間がたくさんあり、楽しみながら仕事をしています。

バスケットの魅力を全県に

もともとバスケットが好きで、中学・高校・大学と部活動に励んでいました。スピーディーな展開でお客様との距離も近いバスケットの試合では、アリーナの一体感が素晴らしく、チームとブースターが一緒に盛り上がるんです。この一体感を、新潟県全体で感じられる状況を作っていきたい。そんな思いから、担当したテレビCMでは、もっとチームを知ってもらうために、選手をどんどん前面に出すようにしました。今後もテレビ、ラジオ、雑誌など様々な媒体を活用したプロモーションを仕掛け、BBの地位を新潟県内で固めていきたいですね。そして、将来的には、BBをサッカーに負けない規模のチームにしたい。それが、代理店営業としての、私の目標です。

このページのトップへ